AGA 男性型脱毛症とは? 原因と治療法を正しく知って無理なく安全に発毛を促します

電話予約011-726-7166


AGA(エージーエー:Androgenetic Alopecia)とは「男性型脱毛症」のことをいいます。
思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方又は双方から薄くなっていく成人男性に
よくみられる現象のことを「男性型 脱毛症」といい、一般的に遺伝や男性ホルモンの影響等が
主な原因と考えられています。AGAの人は全国で1,260万人、そのうち気にかけている人は
800万人何らかのケアを行ったことのある人は650万人といわれています。脱毛部には DHT
(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの一種が多くみられ、これがヘアサイクル
(髪が生えてから自然に抜け落ちるまでの周期)を短くする原因物質と考えられています。
ヘアサイクルが短くなると、髪の毛が太く長く成長する前に抜けてしまうので、細い短い毛が
多くなることで薄毛が目立つようになります。

医薬品や民間療法など、さまざまな育毛剤が開発されてきましたが、髪の毛が薄くなるのを
予防し、理想的なヘアサイクルを保つことは、今でも多くの男性が抱くテーマです。
AGA(エージーエー)は進行性で、何もせずにほうっておくと髪の毛の数は減り続け、徐々に
薄くなっていきます。そのため早期のケアが重要です。



AGAの最も大きな原因として考えられている男性ホルモンは、男性ホルモンのテストステロンが
5αリダクターゼという還元酵素の働きで、ジヒドロテストステロンというホルモンに変換され
このホ ルモンが毛乳頭細胞にある受容体に結合することにより、髪の成長を抑制してしまうと
言われています。これがAGAの原因です。その他のAGAを引き起こす要因としてヘアサイクルの
乱れも考えられています。私たちの髪はヘアサイクルに基づき、毎日少しずつ成長しています。
AGAは、このヘアサイクルが崩れることによって起こってしまいます。



日本でも2005年、AGA治療薬「フィナステリド(商品名:プロペシア)」が厚労省に認可され
クリニック等で処方されるようになりました。
従来、前立腺がんや前立腺肥大の治療薬として使用されてきた医薬品ですが、副作用として
異常発毛を確認したところから発毛剤としての研究が始まりました。
しかし近年はその副作用(薬害)が指摘されるようになり、各メディアでも取り上げられており
今夏には米国の公的機関により何等かのアナウンスが公表されるようです。

一方で市販の育毛剤としてはリアップ5の需要が大変高いようです。リアップ5は高血圧治療薬
であるミノタブ(日本では危険な副作用があり非認可)を服用中に限り発毛作用が現れたため、
それを外用にしたものです。そのリアップ5より237パーセントの発毛が実証された全く成分の
違う有害な副作用のないナノゲンがありますが、当院ではさらにその3倍の濃度の血管再生
因子配合育毛剤を使用します。(市販薬ではなくまだ日本ではほとんど出回ってません)。

また本来毛乳頭細胞で産生され毛母細胞に作用しその増幅分裂を促し毛髪成長に働きかける
グロースファクターを専用エレクトロポレーションで導入させます。

さらにプロペシアの作用にかわって副作用ない細胞分裂に欠かせないATPを再生させる米国
厚労省が認可したヘアマックスレーザーを治療に使用します。FDA(米国厚労省)が発毛に
効果があると認めたのは「プロペシア・ミノキシギル・ヘアマックスレーザー」の3種類のみ
ですが、そのうち副作用のないものはヘアマックスレーザーのみ
です。
当院ではヘアマックスレーザーでも最新の高効率を誇るセラドーム(ヘルメット型低出力
レーザー育毛器)を使用して発毛率を飛躍的に向上させます。

鍼灸整骨院という医療機関である強みを活かし、未知数発毛鍼[無痛」も加え安心安全効果
を兼ね備えた新しい発毛を提供します。

Copyright ©2015 札幌市 発毛専科KODAWARI All rights reserved